墨娯游帖
書ノ作品

『アートにエールを!』出品ドキュメンタリー映画の撮影

2020年8月14日、生まれてはじめての一日となりました。

『鷺游 書に遊ぶ』

というタイトルのドキュメンタリーを

君塚匠さんという、プロの映画監督が、

丸一日掛けて、当アトリヱ墨娯にて

撮って下さったのです!!

朝10時前あたりから、夜の9時ごろまで。

時間にして約10分ほどのショートムービーとのことで、

撮影は、一日ですべて撮って戴きました。

いやはや、一言では表現しきれない、

それはそれは、濃厚な11時間でした。


右側が監督さん。ドキュメンタリーに使う写真の調整を確認してますー


映画の締めくくりは、わたしが揮毫した作品を手にしながら、語るシーン。
台詞を噛んだり、間違ったりと、何テイクしたことか〜
素人にお付き合い下さった、スタッフの方々にも感謝しかないですぅ。


三点ほど、実際に揮毫してるシーンを撮影。
こちらは、「人間萬事塞翁馬」


今回、右も左も解らない素人にお付き合い下さった、監督とカメラマン、照明スタッフさん方。
超狭いアトリエで、エアコンの温度を下げても結局暑かった(汗)にもかかわらず、始終和やかに撮ってくださり、
記念撮影は笑ってください〜にも、ご対応下さいました^^
多大にお世話になりました⭐︎感謝至極⭐︎

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧