墨娯游帖
書ノ作品

今年の漢字「災」

2018年の「今年の漢字」が京都清水寺で発表されました。

「災」

カタカムナ数靈的にも、「水」の年であり、「人」の年であった今年2018年。

人の観点からだと「災い」となる出来事が多かった一年でした。

集中豪雨に、大地震。

地球観点からすると、地・空の新陳代謝による浄化であり、ガス抜き。

確かに生死に関わることが起きたり、大変な思いをされた方々が多かったですから、安易な言葉は使えません。

ただ、「災いごとが多くて大変だったね」で、終わらしてしまうのではなく、

「災い 転じて 福と為す」

と、起きたことを「反転」させることが出来るのが、「人」なのでしょう。

わざわい てんじて ふくとなす 数靈99(ココ)

今ココに起きてゐることと向き合って、一旦、ニュートラル化(ゼロ化)して軸を戻し、福に反転させましょう^^

人間万事塞翁が馬 じんかんばんじさいおうがうま

目の前に起きてゐることは、本当に「悪い災いごと」ことなのでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧