墨娯游帖
書ノ作品

日本人の美意識-間- 書は余白の芸術

日本人の美意識-間- 書は余白の芸術

 

 

空間 余白のことであり、日本の芸術や文化の美意識です。

西洋の芸術、たとえば、油絵は色を重ね塗りしていく、プラスの芸術です。

それに対して、たとえば、日本の書の世界は、余白という空間を重んじ、一瞬の線のみの、マイナスの芸術です。

書に限らず、日本の伝統的な芸術や文化は、総じて「間」という「みえない領域」を大切にします。

みえない領域、空間の中に、「美」を感じる。

わたしたちは、一見、なにもない空間に、心の安らぎを感じます。

主張のない、観る者それぞれに価値観を委ねた「間」が、その余韻や開放的意識により、心の癒しとなるのかもしれません。

 

 

 

 

横浜でアートな書道をはじめてみませんか?

5月の墨娯書道教室日

水曜クラス(18:30~20:30)
5月8日
5月15日(振替予備日)
5月22日
5月29日(振替予備日)

土曜クラス(10:30~12:30 14:00~16:00)
5月11日
5月18日(振替予備日)
5月25日

月二回
月謝:9000円

〈教室場所〉
横浜市中区山下町112-4
ポートヴィラ元町302
中華街朱雀門隣の10階建マンション3階

新規入会募集中です!

お問い合わせ・ご入会ご希望の方は、アトリヱ墨娯ページよりお待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧