墨娯游帖
書ノ作品

書と書道と習字と

書と書道と習字と

 

書にまつわる言い回し、大衆的には書道と言ったり、習字と言ったり。

書の世界って、その指導を専門的に受けたことでもないと、

書道も習字も同じことだと思われていることが多いのが現実。

書道に関わっている者同士でも、微妙な解釈の違いはあるかもしれませんが、

教育としての書と、芸術としての書、

双方に関わってきた者としての見解を綴ってみます。

日本で教育を受けた人は、最低でも小学校での書写の時間に

毛筆を使って文字を書いたことがあるはずです。

これは「書き写す」ことによって文字を習う、「習字」です。

書道という言葉を用いた場合は、「教育書道」となります。

「書」とは、書くという行為により、文字の造形美を表すこと。

「書道」とは、文字の造形美を追求することにより、

古典などから文字の歴史を学びながら、

修練を重ねていく中で精神性を高めていく書の道と考えています。

「教育書道」という表現だと、まだ幼い子どもたちにとっては、

ちょっぴり大げさにも受け止められそうですが、

筆遣いや墨の使い方を学ぶには、

それなりの集中力や躾の部分を育みますので、

「教育書道」でも妥当ではないでしょうか。

この教育書道→習字に対して、

芸術性を追求する書の道が「芸術書道」となります。

書の世界に身を置く者としての個人的見解としては、

「書道」というと、文字の造形美に芸術性を求めたもの、

という主旨のもとに日々、書と接しています。

文字の造形美を求めた作を「書」といい、

その作品創りを追求する道程が「書道」、でしょうか。

「書」と「書道」の言い回しの使い方については、

それほど重きをおくほどでもないと思っていますが、

「習字」の先に「書の道」がありますので、混同しないほうが望ましいです。

また、お子さんたちにとっての「習字」は、

大人が学ぶ場合としては、「実用書道」と表現するのが一般的です。

日常の筆を使う場で、整った文字を書けるように筆法を学ぶもの。

それに対し、単に「書道」といった場合には、

文字の歴史や書体の知識を持った上での芸術です。

 

 

横浜でアートな書道をはじめてみませんか?

5月の墨娯書道教室日

水曜クラス(18:30~20:30)
5月8日
5月15日(振替予備日)
5月22日
5月29日(振替予備日)

土曜クラス(10:30~12:30 14:00~16:00)
5月11日
5月18日(振替予備日)
5月25日

月二回
月謝:9000円

〈教室場所〉
横浜市中区山下町112-4
ポートヴィラ元町302
中華街朱雀門隣の10階建マンション3階

新規入会募集中です!

お問い合わせ・ご入会ご希望の方は、アトリヱ墨娯ページよりお待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧