墨娯游帖
書ノ作品

歳時記ノ書 二十四節気〈清明〉

歳時記ノ書 二十四節気〈清明〉

清明

清明(せいめい)とは万物が清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という言葉を訳した季語です。花が咲き、蝶が舞い、空は青く澄み渡り、爽やかな風が吹く頃です。

初候 玄鳥至-つばめきたる-

冬の間、暖かい東南アジアの島々で過ごしていたツバメが海を渡って、日本にやってくる頃。つばめの飛来は、本格的な春と農耕シーズンを表しています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧