墨娯游帖
書ノ作品

玉響 たまゆら 魔法の響き〈アート書道〉

たまゆら 玉響〈アート書道〉

 

勾玉同士がゆらぎ触れ合ってたてる、かすかな音。

転じて、ほんかすかな間、一瞬のことをいう。

勾玉とは、陰陽のこと。

わたしたちが神社などで手にする勾玉は、目にみえますので、現実(この世)の世界を示してゐます。

そして、カタチある勾玉の向かひには、反転したみえない勾玉が存在してゐます。潜在(あの世)の世界を示してゐます。

たまゆら のたま とは、この世の世界のことでもあり、あの世の世界のことでもあります。

言靈(ことたま)の響きによって、この世とあの世をむすぶ、ほんのかすかな「間」を生みます。

たまゆらの間を生む、魔法(間を生じさせる術)が祝詞であり、言靈です。

 

 

横浜でアートな書道をはじめてみませんか?

5月の墨娯書道教室日

水曜クラス(18:30~20:30)
5月8日
5月15日(振替予備日)
5月22日
5月29日(振替予備日)

土曜クラス(10:30~12:30 14:00~16:00)
5月11日
5月18日(振替予備日)
5月25日

月二回
月謝:9000円

〈教室場所〉
横浜市中区山下町112-4
ポートヴィラ元町302
中華街朱雀門隣の10階建マンション3階

新規入会募集中です!

お問い合わせ・ご入会ご希望の方は、アトリヱ墨娯ページよりお待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧